解体抹消のやり方

廃車の手続きには二通りありますが、一旦自動車を廃車にするものの、後日使用を再開することを前提にして廃車手続きをする場合、一時抹消登録を行います。主に海外旅行、出張、引越しなどの理由でこの一時抹消登録を行う人が多いようです。ですが一旦廃車の扱いにしたものの、結局当初の予定が変わり将来再びその自動車に乗る予定がなくなったため、そこでやはり最終的に廃車にしてしまいたいという場合、一時抹消登録をした後で解体抹消(解体届け)を出して廃車手続きを行う方法があります。この解体抹消と呼ばれる手続きの流れを整理すると、以下の順序になります。
①自治体で登録された解体業者に連絡し、廃車にする自動車の解体を依頼します。
廃車のために解体業者に自動車を引き渡す際には、前後2枚のナンバープレートを忘れずに外して受け取ります。もしこの時点までに、法律によって定められた自動車リサイクル料金を払っていない場合はここで支払います。すると「自動車リサイクル券A券以外」という書類が発行されるので受け取ります。解体業者に依頼した車の解体が終わると「解体報告記録日」の連絡が解体業者からあります。
②必要書類を揃えます。
運輸支局で一時抹消登録を行った際には「一時抹消登録証明書(軽自動車の場合は自動車検査証返納証明書)」が発行されていますが、それがここで必要になりますので、紛失しないように大切に保管しておきます。
③廃車手続きを行うために、運輸支局に行きます。廃車にする自動車が軽自動車の場合は軽自動車検査協会に行きます。
ここで解体届けを提出して、廃車の申請を行います。自賠責保険を解約する場合や自動車任意保険の「ノンフリート等級」を引き継ぐ際に必要な「登録事項証明書」が必要であれば、ここで同時に発行手続きを行っておきます。
④自動車税事務所(運輸局内)に行きます。
車検が1ヵ月以上残っている場合、自動車重量税の還付手続きを行います。

廃車手続きは手続きに必要な書類を自分で用意して管轄の運輸支局に行き、自分で書類の手続きを行うことができます。また行政書士に手続きを依頼しても、自分で手続きを行うケースよりも費用はかかりますが、その分スムーズに、楽に手続きが終わります。廃車手続きを行う人は、時間とお金の事情に合わせて、二つの方法のいずれかを自分で選択すると良いでしょう。

『解体抹消 方法』 最新ツイート

pickup

手コキを体験
http://www.tekoki.net/

最終更新日:2017/2/9